Tokyo, Japan

Saturday, February 24, 2018

World IA Day 2018は、2/24(土)です。去年に引き続き、You Tube Liveで中継します!
(English below)

さて、今年もWorld IA Dayの季節がやってきました。World IA Dayのコンセプトに賛同し、企画初年度から開催している東京でも、今年も実施いたいます。今年のテーマは「IAの倫理と哲学」。デザインの責任、デザインの倫理が話題に上ることも多い昨今、はたしていちデザイナはどこまでの責任を意識すべきなのか、そもそもデザインという行為をどうとらえるべきなのかについて考えていこうと思います。

いまやIA/UXデザインは、ビジネスのためのみならず、社会へのインパクトを与え、ユーザーの生活に影響をおよぼす行為です。特にサイトやアプリでの情報設計は、行動経済学などでも話題になっているように「選択アーキテクチャ」の設計そのものであるともいえ、人々の選択行為自体をデザインしていると言え、その動向には社会的にも注目が集まってきています。

個々のデザイナの日々の業務は部分的なものであるといえ、総体としての社会はその積み上げで作られており、デザイナも責任や役割を引き受けることが求められます。そういったなか、さまざまな立場の方をゲストにお呼びして、IAの倫理について考えていきながら、これからの論点を洗い出していければと思います。本年度のスピーカーには、GoodpatchのUXデザイナー Chelsea Hostetter氏、ロフトワークのイノベーションメーカー 棚橋弘季氏、九州大学芸術工学科教授で哲学が専門の古賀徹氏をお招きします。この3名からの話題提供に引き続き、パネルディスカッションによって議論を深めていきます。

また、基調講演(クロージングキーノート)には、情報倫理を専門にするOxford UniversityのLuciano Floridi教授に講演をいただきます(Skype中継)。

World IA Day 2018 Tokyo 長谷川敦士、Bibiana Nunes

主催:IA Institute、IA Association Japan、株式会社コンセント

一般参加費用:3,500円(懇親会費用込み)
https://wiad2018tokyo.peatix.com

 

This year’s theme is "IA for Good". How might we use IA to protect human civilization from misinformation? In that case, what is the definition of “human”? How should designers have a sense of ethics? We would like to discuss with participants. At the same time, this event will be streaming live on Youtube.

Speakers:

  • Prof. Luciano Floridi (Professor / Oxford University) *via Skype
  • Toru Koga (Professor/ Art theory and Practice at Kyushu university)
  • Chelsea Hostetter (Senior interaction designer at Goodpatch Inc.)
  • Hiroki Tanahashi (Innovation maker at Loftwork Inc.)

Venue

amu
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2 | 1 Chome-17-2 Ebisunishi, Shibuya-ku, Tōkyō-to 150-0021

Date: 2018/2/24 (Sat) 13:00JST Door Open, 14:00JST Start

www.a-m-u.jp/access/

交通アクセス:
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン 恵比寿駅西口 徒歩4分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅4番出口 徒歩2分

Program Schedule
14:00 - 14:10
Opening Remarks
14:10 - 15:00
Chelsea Hostetter

セッションタイトル:小さい設計、大きい影響:LGBTQのための設計

Title: Small Design, Big Impact: Designing for the LGBTQ Community

15:00 - 15:40
棚橋弘季氏 / Hiroki Tanahashi

セッションタイトル:曖昧さと不確実性

Title: Ambiguity and Uncertainty

15:40 - 16:00
コーヒーブレーク / Break
16:00 - 17:00
古賀徹氏 / Toru Koga

セッションタイトル:デザインの基礎を摑む

Title: Holding the foundation of design

17:00 - 18:00
パネルディスカッション / Panel

モデレーター: 長谷川敦士 (IAAJ / コンセント)

Moderator: Atsushi Hasegawa (IAAJ / Concent, Inc.)

18:00 - 20:00
懇親会 / Break
20:00 - 21:00
Closing Keynote: Prof. Luciano Floridi

Title: The Age of Good Design

via Skype

 

21:00 - 22:00
Close
Speakers & Presenters
Luciano Floridi
Luciano Floridi
Professor of Philosophy and Ethics of Information; Director, Digital Ethics Lab
Oxford Internet Institute, University of Oxford

Luciano Floridi is Professor of Philosophy and Ethics of Information at the University of Oxford, where he directs the Digital Ethics Lab (DELab) of the Oxford Internet Institute. He is also Faculty Fellow of the Alan Turing Institute and Chair of its Data Ethics research Group, and Chairman of the Ethics Advisory Board of the European Medical Information Framework. He sits on the EU's Ethics Advisory Group on Ethical Dimensions of Data Protection, on the Royal Society and British Academy Working Group on Data Governance, and on Google Advisory Board on "the right to be forgotten”. His areas of expertise include the philosophy of information, digital ethics, and the philosophy of technology. Among his recent books, all published by Oxford University Press: The Fourth Revolution - How the infosphere is reshaping human reality (2014), The Ethics of Information (2013), The Philosophy of Information (2011).

フロリディ教授は、オックスフォード大学の情報理学哲学教授であり、Oxford Internet Instituteのデジタル倫理ラボ(Delab)のディレクターでもあります。フロリディ教授は、アランチューリング研究所のFaculty Fellowであり、同研究所のデータ倫理研究会の議長も務めています。また、欧州医療情報フレームワークの倫理アドバイザーボードの会長も務めています。他にも、EUの倫理諮問グループ、データ保護の倫理的側面、英国王立協会と英国アカデミーのデータガバナンスワーキンググループ、「忘れられる権利」についてのGoogle諮問委員会などを担当しています。 彼の専門分野には、情報哲学、デジタル倫理、技術哲学などがあります。 最近の著書では、第四の革命―情報圏が現実をつくりかえる(The Fourth Revolution - How the infosphere is reshaping human reality (2014))、The Ethics of Information (2013)、The Philosophy of Information (2011)などがあります。

古賀徹 / Toru Koga
古賀徹 / Toru Koga
教授 / Professor
九州大学芸術工学研究院 / Kyushu University, Faculty of Design

1967年熊本県生まれ。工業高専で電子工学を専攻するも水俣病の問題に直面し、あるべき技術のあり方を考えるために北海道大学で哲学を学ぶ。1997年に「技術の人間化」を掲げる九州芸術工科大学に環境倫理学の教員として赴任し、デザインの哲学、倫理学、美学を教え、現在に至る。専門は西洋現代哲学。

I was born in Kumamoto Prefecture 1967. I had studied electronics in local college. However, I confronted with the environmental pollution at Minamata city when I was 17 years old. I decided to quit the college and move to Hokkaido University in order to study philosophy. Now I teach philosophy, ethics and aesthetics of design in Kyushu University.

ホステター・チェルシー / Chelsea Hostetter
ホステター・チェルシー / Chelsea Hostetter
シニアーUXデザイナー / Senior UX Designer
グッドパッチ / Goodpatch

初めまして、チェルシーと申します。国際的な代理社で色々なクライエント(Capital One, Samsung, FedEx)と一緒に直感的なシステムを作っているデザインリサーチとインタラクションデザインのハイブリッドです。LGBTQのコミュニティーを手伝うために倫理的と役に立つの設計を練習しています。

オスティン、ヘルシンキ、モスコー、それとも東京でインタラクションデザインに関係あるスピーキングをします。

今のは、プロトタイピングツールのProttを設計するために東京にシニアーUXデザイナーでグッドパッチに働いています。

デザインとリサーチの以外に、週末と休日で旅行をして、そして自分のビデオゲームを作っています。

Chelsea Hostetter is a design researcher/interaction designer hybrid who has crafted intuitive systems for various international clients including Capital One, Samsung, and FedEx. She hones her skills in design so that she can create more ethical and useful systems to help the LGBTQ community.



She has done talks on interaction design in Austin, Helsinki, Moscow, and around Tokyo.

She currently works at the international product company Goodpatch as a senior user experience designer in Tokyo, Japan to re-envision their innovative prototyping platform, Prott.


When not researching or designing, she can be found traveling or creating her own video games through hackathons such as the Global Game Jam.

棚橋 弘季 / HIROKI Tanahashi
棚橋 弘季 / HIROKI Tanahashi
執行役員 兼 イノベーションメーカー / Executive Officer & Innovation Maker
株式会社ロフトワーク / Loftwork Inc.

芝浦工業大学工学部建築学科卒業。2013年にロフトワーク入社。サービスデザインの領域を中心に、クライアントのビジネス活動にイノベーションを実現するための支援業務を担当。 パナソニック株式会社の共創型イノベーション実践の場「Wonder LAB Osaka」の立上げ、富士通株式会社の共創スペース「FUJITSU Knowledge Integration」の立上げなどのプロジェクトを担当。著書に『デザイン思考の仕事術』、『ペルソナ作って、それからどうするの?』、共著に『マーケティング2.0』。

In 2013, he joined Loftwork Inc. He is in charge of providing support to clients in realizing innovations in their business activities, with emphasis in the area of service design. He has written “Design thinking-based approaches” and “After you’ve made a persona, what’s next?”.

Atsushi Hasegawa
長谷川敦士 / Atsushi Hasegawa
Information Architect
Concent, Inc.

1973年山形県生まれ。2002年 株式会社コンセント設立、インフォメーションアーキテクト。

Born in 1973, in Yamagata, Japan. He started design firm Concent in 2002, has been Information Architect.